洋書の電子書籍を購入する方法 購入前に必ず行うたったひとつの調査

それは必ず、洋書のタイトルでぐぐること。

何故って、すでに海外では直販がわりとありますから。ご存知の方も多いでしょうけど。directなんちゃらって書いてあります。Paypalやクレジット決済で購入できます。

しかも、DRMフリーのものがあって、扱いやすいのですよね。
直販はなぜかDRMフリーがウリになっているせいか、あまり安くない出版社(キンドルとかの方がぜんぜん安い)とまあまあいい感じの価格で購入できる出版社があるようです。個人的に利用したい出版社がかなり偏っているはずなので、個人的な感覚ですが…。そのあたりはどちらかがいいのか、をちょっと検討しないといけません。価格の差はたかがしれていますから、それよりもDRMフリーか否かがポイントになってくるかもしれません。

そして、Drmフリーならば、音声読み上げ機能を搭載したこちらのアプリが使えます。iPhoneやiPadユーザーならですけど。kindle paperwhite(3g)にはない機能です。

Voice Dream Reader Lite App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

Voice Dream Reader – Text to Speech App
カテゴリ: 教育
価格: ¥850

dropboxに突っ込んで、text to speechで洋書が楽しめるわけです。タップしてdefineを選択すれば、英英辞典に飛ぶから嬉しい。^^ ePUBにも対応しています。フリー版は字数制限があり、あくまでお試しです。

詳しい紹介は、こちらのサイトがわかりやすかったです。^^
ICT for Language Learning: テキスト読み上げアプリ Voice Dream Reader

英語の勉強によさそうですね。

これからは日本の電子書籍も直販が増えそうですから、必ずタイトルでぐぐるといいかもしれませんね。

インターネットはダイレクトに物事をやるのが、得意ですから、
ユーザーが賢くなり、出版社がよい価格で提案すれば、
結局は直販が強いと思う人は少なくない
のではないでしょうか。( ̄∇ ̄)
Amazonなどの販売サイトは、ある意味、マーケティング(集客)のシステムに過ぎません。

単語帳を使わなくても飛躍的に単語力をつける方法

電子書籍「インターネットの地図」から引用

~コラム~ 単語帳を使わなくても飛躍的に単語力をつける方法

単語力をつける方法は簡単です。英語の勉強をする時間を取ることももちろんよいのですが、もっと本質的に物事を捉えようとするならば、日常生活の中に英語で思考する時間を増やすことが大切です。結局は習慣化された時間をどのように積み重ねるかの工夫です。

2つのよい方法を教えます。

この方法はすでに実践されている方もいるかもしれませんが、

1.今後PCにつけるフォルダ名やファイル名はすべて英語にしてください

PCにあるデータは大抵自分が興味ある趣味や仕事の書類などが多いはずです。この習慣により自分の人生に関連して使うであろう英単語が次々と覚えられます。自分にとって関係ない英単語は、実際に使う可能性も低いので、後回しでよいのです。英語のフォルダ名にすると、あなたがキーボードを押すだけで、そのフォルダ名の頭文字にあわさりますので、ショートカットとして時間短縮にも便利です。

2つ目は…

2つ目の方法は、電子書籍「インターネットの地図」で、かなり長文かつステップバイステップで紹介していますよ。
2つ目の方法の方が強力ですね。電子書籍「インターネットの地図」は、英語初心者でも英語圏のサイトが閲覧できるようになり、ついでに英語力があがってしまうお得な書籍です。^^

翻訳ソフトを使うとか、逃げの手は使いません。そのような方法は一切紹介していません。ちょっと、問題もあるし(^^;

英語の章は英語が楽勝な人にはあまり意味がありません(^^;。でも、他にも調べ事や情報力をあげる情報が満載です。

ちなみに、このようなコラムが複数あるのですが、価格に含まれておらず無料です。ただのサービスなのです。^^

-電子書籍- 飛躍的に調べ事が楽になる -インターネットの地図