節電対策 まとめ 消費電力一覧など

地震の影響により、計画停電が実施されていますが、節電情報のまとめになります。電力供給の基本知識と家庭でどのように節電していくのかをよさそうな情報とともに紹介していきます。

 

  • 節電情報 基本めも
  • 震災時は正しく的確な情報収集能力が求められる(本来、情報収集術のブログなので)
  • 消費電力一覧
  • 電子書籍と節電(本来、電子書籍のブログなので)

 

という4本柱でいきます。

 

節電情報 基本めも

 

まず、大枠。企業が70 家庭30ぐらいらしいです。

 

  • 電気は貯められない → 過度な節電というより、タイミングをうまく考慮
  • 関東で節電すれば東北に電力が回るわけではない。基本的に関東内のやりくり
  • 北海道や中部関西より西で節電しても、供給できる電力は限られる

 

上記3点は抑えておく必要があるでしょう。関東と東北のやりくりはWikipedia(東北電力)のよると技術的には可能ですが、関東の方が電力が足りないのでしょう。

 

ピーク時は18時~19時です。

 

災害・緊急時は情報収集力能力が問われる

 

ネットを徘徊していると、情報収集力がない心やさしい人が、蝋燭で生活していたみたいですが、これは余震で蝋燭が倒れる方が危ないのです。なんかいそうな気がしましたけど。(^^;)

 

このような情報を的確に収集するキャパが備わっていない人は単に教えてあげれば解決なのですが、厄介なのはリーダーが情報弱者のときです。結構、有名で権力がある人でも電気が貯められないという事実を知らない人がいました。リーダーが情報力がないのは、決断を間違えるのでまずいです。

 

たとえば、別件の原発問題ですが、最初からまともな放水車使ってほしい…ですってことですよね(^^;。この問題は企業の提案により解決して終わったことなので、今だから書けますが、国の全叡智を結集したはず?なのに、警察の高圧放水車で原発に挑むのは、、、ぶっちゃけ、正気の沙汰とは思えませんでした(届かなかったし)。。。(^^; 時間内に用意できる世界で一番よい選択肢を考えましょう。これが基本ですよね。。。現場の方々は本当に応援していますけど、このような対応のスピード感は、大抵の場合、指示権限を握っているリーダーの柔軟な思考と情報のアンテナ力により対応力が変わってきます。

 

短時間で結論まで持っていくビジネスの人に比べ、お役所や潰れないような安定した企業は、日々の積み重ねのせいか情報処理能力が遅い気がします。。といっても本人はきっと全力疾走しているのでしょうから、直接影響力を与えられない限り、それを信じて見守るしかありません。なので、言いたいこととしては、災害時に人間は急に変われないものなので、常日頃の情報収集術を磨きあげることが大事だと思います。

 

消費電力一覧

 

で、できることをしましょう。下記のようなサイトを探していたのですが、一番最初に調べたときに見当たりませんでした。が、作ってくれた方がいるようです。(^^)

めざせ停電回避! 効果的な節電方法 (家庭向け) 消費電力量一覧

 

そして、具体化な行動に落とし込み。こちらのwの情報は別のところから以前に調べました。

  • 掃除機(1000Wぐらい)→ほうき もしくは掃除しない。。
  • ドライヤー(500-1200Wぐらい)→タオル
  • コタツ、暖房→そろそろ春ですよね。関東圏なら大丈夫。
  • 照明→LED

節電、計画停電対策にLEDのランタンを入手しました。懐中電灯もでています。LEDのメリットは、長寿命で省エネですね。そして、蝋燭と違って地震のとき倒れないし安心です。( ̄∇ ̄)防災グッツもいろいろと販売されているのですね。

  • プラズマテレビ(32型 240W)、デスクトップPC (150-300W)→ノートPC (50-150W)→スマートフォン

情報収集媒体は完全に切れませんが、媒体を変えれば節電できます。
ノートPCは電気が余っている時間に充電するとよいかもしれません。

 

消費電力の観点から
テレビとパソコンの消費ワットはどちらが高いのでしょうか。
たぶんものによります。携帯からネットのアクセスが一番省エネでしょうか。

 

ただし、テレビは同じニュースを繰り返してやるという側面も考慮しないといけません。無駄がでます。
ネットなら欲しい情報だけひっこ抜けます。

 

電子書籍と節電

 

当ブログは電子書籍の個人出版のサイトのため、電子書籍の節電について最後に補足。節電は長期間(半年以上?)に渡ると予想されます。そんな人はいないと思いますが、半年も自粛していたら小さな企業なら潰れかねません(^^;

 

そして、電子書籍というといかにも電気を使いそうな名前なのですが( ̄∇ ̄;)、スマートフォンで閲覧すればかなり省エネで楽しめる媒体だと、上記の消費電力一覧からわかってきました。

 

私たちができることは

  • PCのデバイスを変更すること(ノートPCやスマートフォン)
  • 充電のタイミングを考えること(もっと具体的に落とし込むなら、寝る前か早朝ですかね。)
  • コンセントは指しっぱなしにしないこと

ぐらいでしょうか。節電はこのような小さな創意工夫により頑張っていくことが大事なのではないでしょうか。よろしければ。

 

余談ですがiPadの消費電力は次のような感じです。

iPad分解レポート:高速とバッテリー高性能の理由は:更新版

 

平均すると、iPadの消費電力は2.5ワットしかない。小型の電球型蛍光灯のおよそ5分の1だ。

 

もうひとつ余談ですが、出版社は紙不足らしいです。宮城県の工場で出版業界の印刷用紙の約4割を供給していたらしいため、現在、紙の奪い合いのようです。

電子書籍、紙不足、物流混乱の中で脚光

 

結論としては今後、新たに作成する書籍は、電子書籍という形態にし、関東圏の読者は電力を消費しないデバイスで閲覧することでしょうか。当ブログの電子書籍もスマートフォンで見れるように調整されています。

 

 

地震・余震・節電・情報収集対策まとめ

特設です。
普段は個人出版・情報収集術のブログですが、特設で地震情報をまとめました。
走り書きなので、若干乱文ですが、ご容赦ください。
不足な情報だけお読みになり、お役に立ててください。

__________________________________

情報収集

憂慮するべき状況は、過去と未来の情報はどうでもいいのです。
テレビがすぐにドキュメンタリーをやるのに情報処理という観点から違和感を覚えます。しかも、被災地の人にとって数日前の津波の映像を流すと、嫌な思い出を思い出すという悪影響が増えます。現実逃避できるアニメや漫画の方がぜんぜんプラスでしょう。疲れているときはそんな時間も必要です。ドキュメンタリーはみんながコタツに入る時期になり、みんな平穏に暮らしなってからでよい気がします…。未来のことは、円滑さという観点から政府などが内々に布石を打つことはもちろん必要なのですが、そうではない人が今が手一杯なときに、今より未来が優先されるわけないからです。今伝える情報があるのに将来の検討をしていてどうするんだ、という簡単な理屈です。

 

今、必要な人に必要な情報が届けばいいだけです。今だけに絞りこむことが大事ではないでしょうjか。

ネット環境がある人で今の情報をいち早くゲットできるのは、Googleリアルタイム検索です。

http://www.google.co.jp/realtime

Googleリアルタイム検索は、検索キーワード入れて、ウィンドウを開いていれば、ほっといても情報が更新されていきます。
1秒でも早く情報を取得するために、こちらを利用するといいでしょう。
ただ、落ち着いているときは、節電する必要があるかもしれませんね。

 

__________________________________

計画停電・節電情報めも

地震の節電情報は下記の記事にまとめなおしました。

節電対策 まとめ 消費電力一覧など

 

__________________________________

回線

Wi-Fi
ネット
電話回線
衛星電話
ラジオ

回線は別々です。いろいろと試してみましょう。
ちなみに、聞いた現地情報だと

(繋がりやすい)Wi-Fi ← ネット ← 電話 (繋がりにくい)
らしいです。しかし、Wi-Fiは残念なことに役立つ情報をやっていないそうです。。

衛星電話があれば衛星電話が間違えなく便利でしょう。
あと、情報をやりとりする人が普段どのような情報媒体を使っているのか考慮する必要があります。
年よりか若者かによっても違います。習慣化された行動はなかなか抜けないものです。

 

Mixi

http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1291

Mixiでは人探しなどが行われているようです。

 

地震に関するTwitterからのお知らせ

http://twitter.com/
http://blog.twitter.jp/2011/03/blog-post_12.html

Mixiだけではなく、Twitterでも人探しが行われているようです。Twitterも今の情報を入手するために便利です。

 

余震対策

身近な情報は大事です。余震の可能性に備えましょう。
大局的な情報はどうしてもただ茫然と眺めて祈るだけしかありません。
心より応援するありません。

残念ながら、自分の力ではどうにもならない情報はプライオリティ的に落とすのもやむえません。
今できることを考えることが大事だと思います。

 

余震に備えるために 避難に備えるために
http://getnews.jp/archives/103872

 

【地震対策まとめサイト様】
ていねいに情報が載せられています。
http://i.2chblog.jp/archives/2389640.html

 

原発

恐怖に結びつく情報は、いろいろな人を経てよからぬ噂に変わることがあります。情報収集の観点からは一次情報を当たりましょう。または情報収集力が高い人に情報網を張りましょう。

 

原発に関して頻繁に情報を更新している方です。
不安を煽る形ではなく、客観的な情報を元にツイートされている方々です。

http://twitter.com/#!/itokenstein
http://twitter.com/#!/ikedanob
http://twitter.com/#!/hayano

 

MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説
http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2406950.html

 

How a Reactor Shuts Down and What Happens in a Meltdown
http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/12/world/asia/the-explosion-at-the-japanese-reactor.html

 

鉄道運行状況 – 鉄道 : 交通情報 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://traffic.yomiuri.co.jp/trains/
一覧で見れるためこのサイトが見やすいと思います。

 

iPhone

iPhoneで災害支援アプリが配信中
http://nexus-news.net/2011/03/iphone-3.html

 

ゆれくるコールの説明
http://20kaido.com/archives/2647377.html
気象庁のデータを使っているようです。

ただし、

=========================
3/11 14:46頃に発生した地震後よりたくさんのご利用を頂いていることと、通信回線の混雑により、通知に時間がかかったり、届かない場合がございます。
現在配信サーバの緊急増強作業を行っております。

また気象庁より、3/11 19時時点で、下記理由により東北地方を中心とする地域で発生する地震については緊急地震速報が適切に発表できないとの連絡をうけております。

(1)地震の影響で青森、岩手、秋田県の地震計に障害が発生している
(2)宮城、山形、福島県に設置している地震計の一部は現在バッテリーで運用しており、3/12の午後にはデータ収集できなくなる

気象庁より緊急地震速報が発表されない場合は、通知は行われません。

ご利用の際には、上記をくれぐれもご留意ください。
余震には十分お気をつけ下さい。
=========================

だそうです。ご留意を。

 

でも、7割ぐらいは緊急地震速報がちゃんときます。テレビばかり見ていると、気持ち的に疲れてしまう人がいるかもしれませんし、
移動時はやはり携帯の緊急地震速報ですね。ちなみに、auはデフォルトで入っているようです。auの方が予報がはやいと効きます。

 

iPhoneのディスプレイも懐中電灯変わりになりますし、懐中電灯アプリもでています。懐中電灯だけが懐中電灯ではないということですね。

懐中電灯

http://itunes.apple.com/jp/app/id380248105?mt=8

実際に使ってみたところ、実用レベルかも。意外と使えて驚きました。

 

必要に応じて追加・加筆します。

以下、拡散でもらいました。とてもためになりました。

__________________________________

・伝言サービス ※安否確認に使用してください。
災害用伝言ダイヤル「171」
◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.自宅の電話番号を押す。
3.伝言を録音する。
◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.安否を確認したい方の電話番号を押す。
3.録音された伝言を再生する。

【緊急拡散希望!】
【人命にかかわります!!】
・電話の使用は極力避けてください!
・非常の為の119番や110番がかかりづらくなっています
・安否の確認は災害用伝言ダイアル171番 またはツイッターなどのネットの利用でお願いします
【拡散】電話の使用は極力避けましょう。
・緊急の連絡(119,110)で必要としています。

・安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットやSkypeを使いましょう。
・RT願います。
・地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
・そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
・まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。

阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

中越地震経験者として言えることは、避難してください
地震は大きな余震が何度でもきます
一週間は覚悟してください
家には帰れないと思ってください
帰らないで下さい
おねがいします
命より重い財産はありません
おねがいします
倒壊した家屋に戻った結果余震で怪我をする方が多いんです
以上拡散お願いします!

__________________

【持ち物】
□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
(印鑑や通帳などはこういった震災の場合での紛失は身分が確認できれば銀行では手続きできますし、そういった保証制度があります震災時は優先しなくても大丈夫な部類です!)
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰・お菓子等)
□携帯電話と非常用充電器

□ティッシュ
□タオル(5枚くらい)
□懐中電灯
□カイロ
□サランラップ
□毛布
□家族の写真(はぐれた時の確認用)
□ホイッスル(生存率が格段に上がる)
□メガネ
□いつもの薬

【緊急行動パターン】
・窓・ドアあける
・荷物は玄関へ
・底の厚い靴をはく
・ガスの元栓を締める
<誤>浴槽に水をためる
<誤>米を炊く(下記カラー部分参照)
・出来るうちに携帯充電
・停電時ブレーカー落とす

・24時間は地震が続くだろう
・とりあえず落ち着く

・災害用伝言ダイヤル171の利用(避難場所も伝える)
・電話は最低限
・Skypeなら使える
・警察を偽った詐欺電話に注意

【避難時の注意】
・倒れかけのタンスや冷蔵庫に近づかない
・ガラスや塀に注意
・壁の亀裂や柱の傾きは倒壊のおそれあり即避難
・狭い道、崖沿い、川沿い海を避ける
・海沿いの人は高台に避難
・ヘルメット着用。せめて帽子を着用
・火が付きやすい化繊の服を避ける
・マスクや濡タオルを装備
・火災時は風上へ
・車は走るのをやめて路肩に寄せて停まれ

【地震が起こる前なら】
□ヘルメットはあるか
□非常食の蓄えはあるか
□水の蓄えはあるか
□応急処置セットはあるか
□寝袋はあるか
□非難所・非難所までのルート

【NTT公式情報】
公衆電話は災害時には優先的につながります。
災害時には被災地の公衆電話は無料で使ます。
ただし国際電話は使えません。
●無料公衆電話のかけ方。
・緑色のアナログ公衆電話
緊急ボタンを押すか、10円玉を入れれば通話できます。
通話が終わると10円玉は戻ります。
・デジタル公衆電話
テレホンカードや10円玉を使わず
受話器を取るだけで通話できるようになります。

【災害用伝言ダイヤル】
◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「1」を押す
3.自宅の電話番号を押す。
4.伝言を録音する。

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す。
2.「2」を押す
3.安否を確認したい方の電話番号を押す。
4.録音された伝言を再生する。

【Google Person Finder】
Google安否確認サイト
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja
http://goo.gl/rlR07

【災害用伝言掲示板】
au http://dengon.ezweb.ne.jp/service.do
docomo http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi?es=0
softbank http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
ウィルコム http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/

【TwitterSOSタグ】
GPS機能もつけてつぶやくこと。
#j_j_helpme

【緊急拡散!】震源地の人達は、停電で大津波警報が出てることを知らないようです。現在岩手、宮城、福島、千葉各県の太平洋岸に大津波警報があること、海から遠い場所ではなく海から高い場所に避難してくださいということを、少しでも拡散してそちらの方に伝えてください。

【拡散】関東圏の人、プレート型地震なので今夜連鎖で東京近海のプレートもずれる可能性がある。

【拡散して欲しい情報】・災害ダイヤル。1711+電話番号で録音。1712+電話番号で再生。・【人命に関わります!】電話の使用は極力避けてください

【拡散お願いします】御茶ノ水駅付近にいる方、明治大学のリバティタワーで立ち往生している人のためにホールを開放して、TV中継を流してくれていますよ!!座れますし外にいるより暖かいです。

【拡 散希望】電気屋さんからの忠告!です。 ただ今地震で停電している地帯の方はブレーカーを全て落として下さい。通電されたら小さなブレーカーを一つづつ入 れて下さい。漏電ブレーカーが落ちるようでしたら、無理に入れず、電気事業者等に連絡をとって下さい。漏電による火災を防ぎましょう。

【江戸川区の人特に拡散】津波警報 こちらは、江戸川区災害対策本部です。 只今、東京湾に 「津波警報」が、発令されています。 これから、大きな津波が到達するおそれがあります。 荒川・中川・江戸川・臨海公園には、近づかないで下さい。

【再 注意喚起】災害に乗じて、犯罪増えてます。女性を狙った性犯罪(公共のトイレなどは大変危険です、絶対一人にならないように声を掛け合って)、警察と偽る 詐欺電話・訪問、空き巣・強盗など。気をつけて。命が一番大事です、もし遭遇したら大声出して逃げてください。連携を取って行動しましょう。

【重要】皆さん、これから日が落ちてきます。プレート型地震の為、夜にまた大きな余震がくるかもしれません。避難経路、ブレーカー、ガスの確認。また懐中電灯や食料、水の確保など注意して下さい。

【拡散希望】神奈川県、鎌倉市、江の島では水が引いています。大きな津波が来る前兆です。早く高台へ避難してください!!!川、海へ近付かないでください!津波は時に新幹線よりも速いスピードで襲ってきます!!

「拡 散希望!」 警告!これから夜になります。阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。 大切な人を守ってください。 一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。 今夜は、大事な仲間達をお互い守る時です。

【拡散】8時すぎに満潮になります。油断しないで引き続き海から離れたところで待機してください。 情報ソース:日本テレビ

拡散希望11日18:31】横浜アリーナ解放です。(東京MX情報)

【誤】↓この出回っている情報(実際は間違い多数)

地震が起こったら、必ず窓を開けてください。そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。 ※これは間違っている情報なので拡散しないで

【正】↓以下対策です。

地震が起こったら窓には近付かないでください

窓ガラスが割れて怪我をするおそれがあります。窓を開けるのは地震が起きる前か、揺れが収まってから、窓ガラス割れていないことを確認して開けましょう。
まずは開けるなら『ドア』です。避難場所を確保してください。

さらに、お風呂に水を溜めることはしないでください。
水は貴重です。
全家庭が水を大量に使用すると、火災現場や炊き出し等に使う水が不足します。
また、避難の際に水を出しっぱなしにしてしまうケースが多いため、水不足が懸念されます。
被災地に近ければ近いほど水の使用は制限してください。
自分のことより全体のことを考え行動してください。

さらに一番危険なのは米を炊くことです

今はまだ余震が続いている状態です。
もし、ガス漏れがあった場合、引火し爆発するお
それがあります。

(米を炊くのはガス漏れの危険性がない地域限定にしましょう)
辛いとは思いますが炊き出しを待ちましょう。
さらに、地震の影響で泥水が混ざっている可能性があるので十分な注意が必要です。
また電気が後々不足する事態が予想されます。節電にご協力願います。

あと、避難の際は必ず運動靴を履いて逃げてください。
今は足元に危険な物が多数落ちている場合があります。怪我防止に努めましょう。

帰 れない方々へ都内無料開放まとめ ●御茶ノ水→明大リバティタワー ●新宿→高島屋タイムズスクエア ●池袋→立教大学11、14号館 ●品川→品川プリンスホテル ●渋谷・表参道→青山学院大学体育館 ホテル系は毛布の用意があるらしいです。 via Keitai Web

【地震】悪質な便乗デマがもう登場……「拡散希望」、まずは事実確認を【view_news.pl?media_id=17&id=1531687】

Googleの人探しサイト
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

津波情報
http://weathernews.jp/tsunami/

地震情報
http://weathernews.jp/quake/

鉄道の運行情報
http://mainichi.jp/traffic/etc/a.html

【デマ情報一覧】
● サーバールームで死にそう(釣りでした)●阪神淡路大震災で3時間後に最大余震(実際は2時間後(wikipediaでは4分後)●同震災では強奪・レイ プが頻発した(県警のレイプ検挙件数は例年並み)◆不安を煽るのはやめて、せめてWikipediaでも見てからRTしましょう

●NHKにて安否情報を放映してくれるそうです。

0354528800
05033699680

どちらでも可能です。
ご自身ご家族の安否情報やメッセージを残すと、NHK教育テレビにて放映してくれるみたいです。

ぜひ活用してください。

●外国人の方で地震情報を求めている方がいらっしゃいましたら、現在NHKラジオ“693”にて英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語の各言語で地震情報を放送しています

Earthquake information is being broadcast on NHK radio “693″ now when requesting earthquake information in the foreigner comes in an English, Chinese, Korean, Spanish, Portuguese, German, and French each language.

●地震対策(きよさんの日記より)
view_diary.pl?guid=ON&id=1687406194&owner_id=32910051

●別件情報

【膠原病の患者さんへ】
ステロイド剤がなくなる、なくなりそうな場合は近隣病院に処方をお願いしてください。多くの場合、免疫抑制剤よりもステロイドの急な中断は危険です(PSL10mg以上の場合は特に)。感染注意です。手洗い、うがいを励行してください。

【拡 散希望】都市ガスのガスメータ、及びLPガスのガスメータで地震で遮断してる場合、メータの遮断復帰ボタンを押して直ぐ遮断するようでしたら、ガス管折れ とかガス漏れ発生してますので、メーター付近の元栓を締めてガス会社の点検を待ってください。ガス屋からのお願いです。

【過去の事実】災害時に、「お風呂を貸す」「トイレを貸す」そういった言葉で女性を騙し、レイプする犯罪が過去発生しています。避難や徒歩での移動など、出来る限り独りにならないで、どうか、どうか気をつけてください。

【情報】
今日帰宅できないかもしれない方へ。今晩は氷点下まで気温が下がるようです。厚着・カイロ等防寒対策と、ココア、紅茶、烏龍茶を飲むことを勧めます。これらは陽性食品なので、飲み物自体冷えてても体を温めることが出来るそうです。
人災にも気をつけてください!特に女性の方は絶対に一人にならないでください!
性犯罪なども増えるようです。

サ ントリーの自販機が解放され、無料で飲み物が提供されてます!自販機の右上の非常用小窓(ステッカー貼。)を押し破る。開いた穴から手を入れて、右側にあ るステッカーをはがす。赤いレバーが出るので、下におろすと外扉のロックが外れ、外扉と内扉を開くと、飲み物がとりだせる!いま3600台解放されてま す!

【救急処置】
意識がなく倒れている人がいたら
仰向けにし顎を上げて気道確保
呼吸・脈拍があるか確認
確認されなければゆっくり二回肺が膨らむのを確認しながら人工呼吸
※この時あごをあげ気道確保→人工呼吸後心臓マッサージ
※AEDがあればすぐに使用すること

【骨折かどうか】
腫れている
変形している
自分で動かせない、または微動でも激しい痛みがある
変色している

【骨折処置】
用意:タオル、副木(硬い棒・板状のもの)、縛るもの
目的:固定し、骨折箇所の負担を減らす
方法:骨折場所を中心に、タオルでくるんだ副木を縛りつける

【物に挟まれたときの処置】
体の一部を長時間強く挟まれた状態の被災者の方は、無闇に救助したりせずに救急車を呼んで下さい。クラッシュシンドロームに陥り、最悪の場合死に至る恐れがあります。逆に挟まれてすぐなら躊躇なく助けてください。

【簡易トイレ作り方】
便器の中にビニール袋を二重に入れ、口の部分の一部を管などに括る。
ビニール袋の中に新聞紙を入れ、消毒液を入れるか、スプレーする。
必要に応じてビニール袋を替える。

【全国非難場所一覧】
http://animal-navi.com/navi/map/map.html

【地震に遭遇したときの対応マニュアル】
http://matome.naver.jp/odai/2129850837113580401
【NHK各放送局災害情報】
各地域の災害情報確認のときに。
http://www3.nhk.or.jp/saigai/jishin/index.html

eBook Brain 電子書籍 第2弾 「セルフパブリッシュ(仮称)」の誤字脱字をチェックしてくれる方募集

現在、締め切りました。募集ありがとうございました。

 

電子書籍「セルフパブリッシュ(仮称)」が完成に近づいてきました。(^^)

書くネタはすでにありましたので、気合いを入れて一気に書き上げました。
「インターネットの地図」に続く、eBook Brain 電子書籍第2弾です。

次のようなコンセプトを持っており、新しい電子書籍になっています。

新しい電子書籍のスタイル 「セルフパブリッシュ」のコンセプト

今回もお仲間を募集して誤字・脱字をチェックしてお願いしたいなと思いました。
即日は無理ですが、近いうちにお渡しできると思います。

募集している人は下記のような感じの人です。なんとなくレベルです♪

・電子書籍の個人出版に興味がある方
(これから個人出版したい方、すでに個人出版している方、ライティングや出版に興味がある方)

・電子書籍の未来に大きな可能性を感じている方

・日本語や文章力に自信がある方

・eBook Brainが好きな方ならなおよし(^^)

スタイルシートの間違い探しとか、技術的な検証とか、テクニカルな部分は求めていません。あくまで文章チェックだけをお願いできれば十分かなと思っています。だから、基本は日本語がわかる方ならOKです。プロアマ素人も問いません。

「インターネットの地図」はブログの記事50個ぶんぐらいの書籍でしたが、今回はもう少し量的に軽いです。でも、作者のこだわりで内容は濃密に詰め込んでみたつもりです(^^)

セルフパブリッシュの発展と将来の作家さんの未来のために、ささやかながら、eBook Brainの電子書籍作成のノウハウをすべてあげます

みたいなノリで作っています。内容はセルフパブのコンセプト記事に少しのっています。

電子書籍の本はたくさんありますが、個人出版の分野で一番よい本になれるよう頑張ろうかなと思っています。今回はそのβ版です。

出版業界の人間ではなくIT業界よりの人間ですから、内容もそのような立ち位置かもしれません。IT業界の人間がどのような考え方をしているのか興味がある人もいいかもしれません。

ささやかで恐縮ですが、お礼に下記のものを差し上げます。

1.無料で完成した本書を差し上げます。
2.Amazonギフト券を差し上げます。
(「ネット上でやりとりすること」と「本が好きな人が多いだろうという想像」から)
3.電子書籍のことでお困りのことがありましたら、1つご相談にのります。無料コンサルトって奴ですかね。(管理人がわかることでしたら)

「セルフパブリッシュ」に個人出版のノウハウはかなり書いてしまっているので、電子書籍以外でも当方がわかることでしたらOKです。無駄に修行してきたので、いくつか得意分野があります。(^^)

物々交換・情報交換のようで恐縮ですが、とりあえず、興味ある方はご連絡 ください。基本、柔軟に対応します。

・連絡

Twitterにダイレクトメッセージやアメブロでもかまいません。
・Twitterにダイレクトメッセージ
・アメブロ

Twitterはたまに見落としがあるかもしれませんので、ご容赦ください。質問だけでも歓迎です。気楽にメッセージください。