Parallels Desktopで容量を調整する3つの方法

macネタです^^

Parallels Desktopは容量がなくなると、警告がでます。さらに容量がなくなると、容量を確保するまで使えなくなります。Parallels Desktopをmac book airにのせていると、ssdが少ないためこの状態になりやすいかもしれません。。そこで、Parallels Desktopで容量を確保する3つの方法を紹介。それは

  • スナップショット削除
  • 圧縮(1番よく使う)
  • ハードウェアの割当

です。順番に見ていきます。^^

Parallels Desktopのスナップショット削除

スナップショットというバックアップのような機能があるのですが、
この機能は安易に使わない方がいいかもしれません。そもそも使わない方がよい、
ということですから使っていない人は読み飛ばしてください。

mac book airの場合、ただでさえSSDが足りないなることが多いのに、
この機能を使うと容量がなくなります。

しかも、SSDやHDDに十分な空き容量がないと、このスナップショットは、削除できません。さらに、スナップショットがあると、容量を確保するためのもう2つの方法「圧縮」も「ハードウェアの割当(MacとWinの割当比率)」も変更できません。かなり八方ふさがりになり、詰まることがあります。もし詰まってしまった場合、Parallels Desktop自体を外付けHDDにコピーし、外付けHDD内で仮想環境のファイルにある、スナップショットを削除するしかありません。もちろんpvmファイルのバックアップは取っておきます。手順としては下記のような感じです。^^

      Parallels Desktop を立ち上げる。(Windowsは立ち上げない)
      Parallelsメニュバーの 「ファイル」→「開く」 を選択し、外付けハードディスクの.pvm ファイルを選択する。(Windowsは立ち上げない)
      Parallelsメニュバーの 「仮想マシン」→「スナップショットの管理」を選択する。必要のないのスナップショットを削除する。

Parallels Desktopの圧縮

圧縮は「仮想マシン」→「圧縮」を選ぶだけです。

バージョンによっては「仮想マシン」→「構成」→「ハードウェア」のタブ→「ハードディスク1」→「圧縮」です。

下記はParallels Desktopのヘルプです。

■自動的にディスク領域を圧縮する
ほとんどの場合、Windows はファイルやデータが追加されるにしたがいディスク占有領域を拡大しますが、データを削除してもディスク占有領域は減少しません。定期的に自動でディスク占有領域を減らすように Parallels Desktop を設定します。

Parallels Desktopの容量割当変更

WinとMacの容量割当は、実際使い始めると当初の予定よりどちらか片方を多く利用する場合があります。というか、その方が多い( ̄∇ ̄;)。WinとMacの容量割当変更は、

仮想マシン > 構成 > ハードウェア > ハードディスク1 > 編集

です。

Parallels Desktopの関連記事

BootCampから仮想環境Parallels desktop 7(8)に移行 ライセンスまとめ

移行アシスタントのワナ(ユーザーアカウントの注意事項)と移行まとめ(Mac Book Air 2013 thunderbolt)

2台目のmacbook airをしたので、覚書です。面倒なので移行アシスタント系はこの記事に全部まとめておきます。

移行アシスタントのユーザーアカウントは上書きではなく、新規追加

移行アシスタントは、macの初回起動したときに、初期設定の中で行った方がよいですね。時間もかかるし、後から移行アシスタントを使えばいいじゃんと、軽いノリで初期設定を終わらせました。

その時点で作成したアカウントが1つ目になります。そして、移行アシスタントを使うと、上書きではなく追加で作ってしまうようです。
これがちょっとしたワナです。

ちょっと面倒なことなります。2つアカウントができて困っている方がぐぐるとわりといましたね。僕もそのひとり( ̄∇ ̄;)

しかも、ありがちなオチですが、初期設定時のユーザーアカウントと同じアカウントはもう作れません。

つまり、自分がこのアカウントがいい、最初に名前をつけたのに、それがデータ移行の際に、もう使えないという事態に陥るわけですね。

データを移行する前に気付けたら、対応方法として次のとおり。

  1. 管理者権限を持つ「ダミーアカウント」を作成
  2. 本来、自分がつけたい名前だった「初期アカウント」消す
  3. 移行アシスタントで本来、自分が作りたかった「移行用のアカウント」を作成
  4. 移行アシスタントを実行
  5. 「ダミーアカウント」を削除

という回りくどい段取りでいけました。(^^;ダミーアカウントを作る理由は、アカウントが1つないと消せないからですね。

サンダーボルトで移行アシスタントを使う手順

古いPCを「T+電源」を押して立ち上げると、ターゲットディスクモードになります。成功すると、サンダーボルトのマークがディスプレイに表示。この意味は古いPCが外付けディスクの扱いと同じような状態になっているみたいなものです。

その状態でサンダーボルトのケーブルを繋ぐと、新しいMacbook airに古いMacbook airのディスクが表示されます。サンダーボルトモードが認識されている状態。

認識されているか否かは、
アップルマーク > このMACについて > 詳しい情報 > システムレポート > thunderbolt
でも確認できます。

あとは移行アシスタントを使うだけです。サンダーボルトのケーブルを使うとあっという間に終わります。時間節約と今後もなにかで使いそうなので、入手しました。ケーブルの長さによって価格が違うみたいです。ケーブルは現在、純正と非純正の2種類あります。

これを使うと約120Gが20分ぐらいで終了。なお移行アシスタント中に表示されている残り時間はあまりあてにはなりません。

移行アシスタントは、アプリケーションのユーティリティの中にあります。移行アシスタントを立ち上げて行こうするわけですが、外付けディスクと認識しているので、「別のMac」からではなく、「別のディスクから」を選びます。それ以外で迷うところはないでしょう。部分的にも移行できるようですが、何回もやるのは面倒なので、一括でやりました。

Macのユーザーアカウントの削除 覚書

最後に余計なアカウントを削除します。システム環境設定 > ユーザーとグループ に入ります。

通常グレーアウトされていますので、「変更するには鍵をクリックします」をクリックののち、

アカウントの選択 > – で削除

確認メニューで

  • ホームフォルダをディスクイメージに保存
  • ホームフォルダを変更しない
  • ホームフォルダを削除

がでてくるので、

「ホームフォルダを削除」を選択

移行アシスタントで移行できたもの、できないもの

データ、ブックマークやメールなどは全部OKです。ゴミファイルも移行されてしまいますけど。。予め整理しておくとよいでしょう。

仮想環境はboot campは無理みたいですが、ソフトウェア型のParallel Desktopsは、問題なく移行できていました。移行後にライセンス認証をすれば、OKです。他にいくつかライセンス認証やパスワードを再入力や再設定しなおしました、たとえば、au wifiはなぜか1回消して再設定。でも、かなり少なかったです。

変更しているMACのキー割り当てはデフォルトに戻っていました。

それ以外はすべて移行できていて楽ちんですごいなと思いました。

Mac Book AirやProのカスタマイズは量販店できず…SSD・メモリなどまとめて覚書

Mac Bookのカスタマイズは、量販店ではできない

覚書です。2台目のMac Book Airに乗換。Mac Bookは量販店でカスタマイズできません。ソフマップやヨドバシカメラなどの店頭で、「カスタマイズはできない」、そこはアップルが牛耳っているって言われました。( ̄∇ ̄;)

mac book airのSSD、メモリ、ケーブル

秋葉館オンラインショップなどでSSDを入手して換装したり、ヤフオクからカスタマイズモデルを入手することも一瞬、考えましたが、結局、アップルストアからMac Book Airの2013年度版を購入することにしました。

旧Mac Book Airの容量がなく問題になっていた関係でSSDは512gbに。ノーマル型が512gbだったら店舗で購入したのですが…、そこは期待のスペックにならず…。

メモリも8gbに。Photoshopなどである程度重たいファイルを扱うために、そのぐらい積んでおこうかなっと。この選択をするにあたり、

Adobe Photoshop CS5 パフォーマンスと効率性の測定

など、いくつかの資料を軽くを参考にさせてもらいました、

ちなみに、Mac book airのサポートはわりといいですね。90日みたい。

付属品は移行アシスタントをあっという間に終わらせるために、Thunderboltのケーブルを入手したぐらいでしょうか。ケーブルの長さにより価格が結構かわるようです。アップル純正と純正じゃないのがでています。

mac book airのバッテリーを長持ちさせる方法

せっかく新しいmac book airを購入したので、バッテリーを長持ちさせるため、改めて充電を長持ちさせる方法を見直してみました。

アップル – バッテリー – Appleのノートブックコンピュータ

長持ちのコツを要約すると

  • 動作時の温度は10℃~35℃
  • いつも自宅で使う人は、毎月最低1回はバッテリーを充放電
  • フル充電で電源コンセントに常時接続しておくことを推奨せず

お外で仕事をするノマドの人は、外で減らし、家で充電でちょうどよいみたいですね。個人的には最後のひとつだけしかひっかかりそうにないので、最後のだけ気にしてあげればよいみたいです。

BootCampから仮想環境Parallels desktop 7(8)に移行 ライセンスまとめ

  • Bootcampや他の仮想ソフトとの比較めも
  • Parallels Desktopのダウンロード版が入手できる経路2カ所
  • 仮想環境の覚書
  • ライセンスめも
  • Parallels Desktopの使い方初期設定でやること。

をこの記事で解説しています。

BootCampは3日でやめました。

MacのBootCampは一応入れたのですが、3日でやめました。仮想環境の方がはるかに使いやすいです。
SSDなので再起動は早いのですが、なんだかんだ切り替えすることが多く、面倒臭くなりました。
それにWindowsでコンバート作業とか、裏で走らせる場合、Macが使えませんから。
BootCampは無料ですが、いろいろと作業の時間がもったないです。
あとは、parallels desktop7 for macは、今のところ僕が使っているソフトはすべて動くので、決め手に。
というか、動かないソフトはほとんどないのかも。

BootCampと仮想環境の両方を使おうとも検討したのですが、WindowsOSのライセンスが2台分必要らしく断念。他にセキュリティソフトとか諸々のライセンスも。

WindowsOSですが、DSP版はMac book Airのためパーツが組み込めず。。OEM版はPCのハードに紐づいているため、仮想環境では使えず。
別PCにもインストールできませんし。結局、WindowsOSは一番高額( ̄∇ ̄;)でライセンス形体が柔軟なパッケージ版をAmazonで購入。

仮想環境はparallels desktop for macにしました。
アルファブロガーさんの記事で評価評判を確認したら、ほとんどVMware Fusion 4よりもparallels desktop 7を押していましたし。

もちろん比較検討はしました。^^ Parallels Desktop 7 と VMware の比較記事こちらが参考になります。3ページ目からグラフでベンチマークとか比較しています。

Virtual showdown: Parallels Desktop 7 and VMware Fusion 4 reviewed | Ars Technica

無料のOracle VM VirtualBoxはまったく動かないソフトがあるっぽく却下。頻繁にWindows使いますので。常時利用するものなので、今回は価格は問わず1番使いやすいものを求めていましたから。

サブPCですが、Parallels DesktopでWinのPhotoshopもある程度扱えるのでいいかなと。メモリは積んでおいた方がいいかも。Mac Book Airはメモリを増設できないっぽいので、メモリを多めのMacにしました。Parallels Desktop自体はわりと優秀みたいで、WinOS起動なら500MBぐらいしか使わないそう。ゲームも動くそう。

パッケージ版が安いAmazonと、公式サイトのダウンロード版とで検討していたのですが、もう少し調べたらvectorでセールをやっていたので、vectorにしました。vectorとか穴場ですね。^^決済はpaypalもおっけーです。この3つですかね。たぶん時期により、どれがいいのか違うような気がします。

Parallels Desktop 7 使い方めも

  • インストール時に、MacモードとWinモードが問われるが、いつでも切り替えられるからどちらでもいい。ただ、macからwinの切り替えがどこにあるか若干わかりにくいかもなので、winモードでインストールしていくことがおすすめ。
  • MacとWindowsのキーボードは配置は、あわせること。キーボードの設定
  • メモリの環境設定

最初に気にするのはこのぐらいですかね。あとは直感で使えます。MacとWin間でコピペーも可能。