themeforestを購入する前のチェック事項を解説します。

追記:クリエイター別にthemeforestのテーマの特徴をまとめました。
WordPressの人気おすすめ有料テーマ8選(クリエイター別に解説) レスポンシブ商用テンプレート

数千円でハイレベルな海外のWordpressテンプレート

themeforest
http://themeforest.net/

海外のWordpressのテンプレートは、日本のワードプレスのテンプレートと比較して数年先をいっている気がします。海外のWordpress premium templatesのサイトを30箇所ぐらい見て回りましたが、themeforestはかなりレベルが高い部類に入ります。しかも、海外のWordpressのテンプレートサービスは、年額いくらというサービスも少なくないのですが、ここは1回払いです。格安。

はてぶの評判もなかなかよいです。
WordPress Themes, HTML Templates – ThemeForest themeforest.net

以前から注目していたWordpressのテンプレートサイトですが、先日、themeforestからテンプレートを購入する機会があったので、覚書として残しておこうと思います。

会員登録をしてPaypalで支払う形です。Paypal支払いなので、買い物時に住所や電話番号を登録する必要はありません。個人情報は名前とメールアドレスの登録ぐらいでしょうか。

カテゴリわけ、キーワード検索、様々なソートができますので、わりと希望のテンプレートを探すことは容易です。ある程度検索で絞りこんだら、ソートして自分がほしい機能や雰囲気にあうテンプレートを探します。たくさんあるので、予めどのようなものがほしいのか決めておいた方がよいかも。個人的にはこことここは簡単に修正できるからどうでもいいけど、ここだけはちゃんとしておいてほしい、という感じで探しますね^^

themeforestでWordpressのテーマを購入する前のチェック事項

さて、海外のWordpressのテンプレートを購入する際の注意事項をまとめておきます

1、デザインチェック
見た目ですね。素材の修正はわりと面倒かもしれません。1箇所修正すると他に影響がでますので(^^;

2、管理画面チェック
海外のテンプレートはAdminの管理メニューから、いろいろとカスタマイズできるものが多いですね。デザインも変えられたりします。すべてのテーマがそうではありませんが、デモやスクリーンショットでAdminの管理画面が確認できるテーマも少なくありません。Adminの管理メニューがわからないものは、察するにそこはアピールポイントではなく、それほど凝ったテーマではないのかもしれません。

3、機能チェック
スライドショーや豊富なshortcodeが用意されていますので、ほしい機能があるのかチェックします

4、ソース・SEOチェック
もちろん、後から全部直せばいいのですが、面倒な人やカスタマイズに自信がない人ほど、購入前に軽く目を通しておきましょう。デモで確認できます。高度なテンプレートほど、通常のテンプレートと作りが異なる場合があります。いつものphpと別ファイルに書かれていたりするんですね。でも、別に変な作りではない気がしますので、大抵何とかなります^^。複雑なプログラムがわからず、ソースの切り貼りで運営している人もたぶんなんとかなるでしょう。

SEOは今後を見据えて作っているものもあるようです。たとえば。html5からh1のタグを複数使えるなどですね。まあ、そんなにおかしくなければいいんじゃないでしょうか。人気のテンプレートは大抵ちゃんとしています。^^

5、フォント
複数のフォント切り替えるなど、すごいオプション機能があるテーマがありますが、実は日本語に対応していません(^^;。オフにすれば問題ないと思います。オフにできないってことは、ユニバーサルを意識して作られているので、たぶんないと思いますが…。あ、あと、海外のテンプレートはフォントサイズや行間はいつもcssを変更しますね。

themeforestの購入手順

会員登録を済ませ、カートに入れ、Paypalで支払えば、基本的に終わりです。が、実はもうちょっとだけ複雑です。。

海外のモデルによくある販売方法ですが、Paypalでthemeforestのクレジットを購入して、そのクレジットでテーマを購入します。クレジットは何パターンかに分かれています。iPhoneゲームのアイテム課金とかと一緒ですね。しかし、この方法って購入したクレジットに対して、大抵あまりがでるように設定されているんですね(^^;

でも、themeforestは購入時に上記のようなメニューが表示されて選択できます。2ドルぐらいの追加料金を払えば、themeforestのdepositを購入せず、Paypalでそのまま支払うことができます。まあ、ジュース1本ぐらいの価格ですので、許容しましょう(^^;

今後、何回か買い物する予定があると思う人や購入するテンプレートの価格とぴったりの人は、クレジットを購入する方法、今後、一切買い物をする予定がない人は、Paypalで直接支払う方法にすればよいと思います。ちなみに、themeforestを運営する会社は、グラフィック系の姉妹サイトを沢山持っていますので、そっち系の人はそちらでも利用するかもですね。ライセンスやクレジット、管理メニューは共通のようです。

WordPressのテンプレートを購入すると、即ダウンロードできます。僕が購入したテンプレートは40ページぐらいのPDFの図解入りのマニュアルがついていました。もちろん英語ですけど。。まあ、図解入りなので、英語が苦手な人も大丈夫なんじゃないですか^^ サポートはフォーラムで受けられます。

見ているだけでも楽しくなりますが、購入するともっと楽しくなりますね^^ WordPressのサイトを運営している人は、将来の日本のWordpreesサイトもこうなるんだ、というひとつの指標が垣間見れるかもしれませんよ。カスタマイズの参考のみだけでも、購入した価値がありました。^^

themeforest


電子書籍の比較おすすめで安いのは!?


電子書籍出版などの関連記事