androbookの作り方

http://www.androbook.net/

androbookで電子書籍を作成する方法が知りたいという方がいたので、ちょっと記事にしてみます^^

ちなみに、androbookとは無料で電子書籍を作成するツールであり、
androbook Viewerはこのツールを使って作成した電子書籍を閲覧するために必要なアプリになります。

めちゃ簡単です。ちょっと気にする事項を含めて書いてみますね。

  • タイトル名(必須)
  • zip/pdf 連番jpegでzip、pdf
  • アイコン画像 512×512の画像
  • 壁紙設定機能 チェックを付けると読者が書籍のページを壁紙に設定できるようになります。
  • 見開き方向  通常はそのまま
  • 用途     マーケット公開用で作成、自炊用またはテスト用で作成

さて、一応、順番に見ていきます。

タイトルは大事です。アプリストアでよくあることですが、長過ぎるタイトルは後ろが…と表示される場所がありますので、
ちょっと気にしてみるといいかもです。( ̄∇ ̄)

アイコンはその画像サイズに。GimpというフリーソフトやPhoneshopで作りましょう。
商用利用可のフリーの素材を利用して楽するのもありかもしれません。。

壁紙の設定機能はお好みでよいでしょう。

zipで圧縮した連番のjpgやpdfから変換できます。連番は00.jpg、01.jpgという奴ですね、一応。

変換中にエラーがでる場合があるみたいですね。エラーの原因は、サーバー負荷によるものですかね。まあ、無料ですから致し方ないかもしれません。(^^;時間を置いてお試しするしかないですね。真夜中とかすいているかもしれません。( ̄∇ ̄)

PDFとjpgはフォーマットが違うので、うまくいかなかったら、変換して試してみるのもありかもしれません。PDFからjpgに簡単に変換できますが、画質がちょっと落ちるかも。気にしない人は気にせず。個人的にはサーバーが調子がいいときまで待つかもしれません

見開き方向は特別なこだわりがなければ、そのままでいいでしょう。

テスト用か本番用かですが、面倒な人はぶっつけ本番でもいいかもしれません。が、やっぱそれはちょっと…という人は…。

androbookのテスト用データ確認方法

テスト用で作成した場合のandroidアプリの確認方法ですが、
次の記事で紹介しているtAttachApkInstallerでデータを送ってください。

電子書籍の作り方・売り方 GoogleマーケットでAndroidの電子書籍を作成・販売する | eBook Brain

そして、android端末にはGoogle Playからダウンロードした、AndrobookViewerをインストールしておきます。

「androbook Viewer」とテスト用に作成した「電子書籍のデータ」がそろえば、アプリを起動して確認できます。

google playの登録

あと、アプリを登録しなければいけません。25ドルの登録料が必要です。appleと違い、年間ではなく1回きりみたいです。英語ですが、登録系はわりと簡単なので、大丈夫でしょう。登録方法は若干変更されることもあるので、そのつど最新の情報を検索してさがしてもいいかもしれません。

そういえば、Google Playは開発者がユーザーレビューにコメントする機能が追加されたみたいですね。一方的に言われっぱなしのもあれですし、いいんじゃないでしょうか。( ̄∇ ̄)

あと、一応、関係ない人が多いかもしれませんが、電子書籍もアプリなので、同様です。アカウントの停止等にはご注意を。

【アプリ担当必見!Googleの横暴】アカウント停止を防ぐ8つの方法 | FunApp!!〜アプリにまつわるアレやコレ〜

androbookが広告導入

androbook、広告収益を還元するインセンティブプログラムを開始 – 電子書籍情報が満載! eBook USER

Google Playに公開した個人作家は、「広告表示回数×0.01円」の広告収益を獲得

だそうです。よいお知らせですかね。


電子書籍の比較おすすめで安いのは!?


電子書籍出版などの関連記事