電子書籍epubリーダーのおすすめフリーソフト・アプリ一覧

電子書籍を閲覧するために必要なePUBリーダーのアプリ・ソフト一覧をまとめていきます。

2016年、AndeoidとiPhoneのePUBを読むアプリおすすめ

この見出し2016年の追記です。最初にこの記事を書いたのが2011年1月なので、
5年半近く経ち、使うePUBリーダーが変わっています。
現在、Androidは「天下一読」を利用しています。

天下一読 (Moon+ Reader) - Google Play の Android アプリ

天下一読 (Moon+ Reader) – Google Play の Android アプリ

  • Dropboxと連携できる。
  • 検索機能が履歴が残るため使いやすい。
  • 日本語対応。
  • タップのボタン割り当てなどカスタマイズが柔軟
  • epub, pdf, mobiなどに対応
  • 有料版は音声読み上げなどさらに機能が充実。

いかにも作りがソフト屋さんが作った感じで、作りが凝っています。作りが凝っているからといって、使い勝手は悪くなくわりと何でもできるアプリです。kindleより使いやすいかも…。

フリー版もありますが、広告が多少うざいので、個人的には有料版を利用しています。

iPhoneやiPadは5年前と変わらず、ibooksがいいのでは、と思っています。

電子書籍ePubを閲覧できるフリーソフト一覧

Nook

http://www.barnesandnoble.com/u/free-nook-apps/379002321/
PC、iPad、iPhone、Android
ハード問わず何でもそろっています。デザインは個人的に好みですが、ユーザービリティはいまいちかな。NookでePubデータを見ると、販売されている書籍でさえ画像がはみだしているものが多いですね……。作っている人は、チェックしていないですね~(^^; まあ、海外アプリなので、見出しの文字化けはどうしようもない気もしますし、そんなに気にする必要はないかもしれません。ただ、いろいろなリーダーを試してみて、どのような挙動をするのかどうかは作り手としては気になるところですね。

ちなみに、日本在住でiPadやiPhoneアプリ版は、裏技を使わない限りダウンロードできません。

http://ebookstore.sony.com/download/
PC
操作性はこっちの方がよいです。

Adobe Degital Edition
http://www.adobe.com/products/digitaleditions/

Adobe Degital Edition 日本語版はこっち→ Adobe – Digital Editions
PC

espur(エスパー)

PC

縦書き、ルビなどを含むIDPF EPUB3.0仕様を体験できます。

EPUBReader
PC

FireFoxのアドオンでお手軽です。見栄えが格好わるいですが、中身的にはよいです。Sigilでページ分け(Chapter Break)しなくても、見出しが目次として認識されるようです。

Bookworm
オンライン

iBooks
http://itunes.apple.com/jp/app/ibooks/id364709193?mt=8

iPad、iPhone
基本ですね。やっぱり見栄えは一番いいですね。

Aldiko Book Reader
http://www.aldiko.com/

Android

Android Readerのなかで一番人気です。

  • Aldiko Book Readerは無料
  • Aldiko Book Reader Premiumは有料246円

Aldiko Book ReaderはAndroid マーケットからダウンロードできます。 ただし、古いバージョンのAndroidではインストールできません。Android IS01などバージョンアップできない機種をお使いの方はAldiko Book Readerの公式サイトにあるAldiko Customer Supportから、旧バージョンのファイルをダウンロードしましょう。

CopperReader
Android

達人出版会さんのePUBの閲覧方法の記事が丁寧に書かれていて参考になりました。あとは海外の情報から掻き集めてみました。

ePUB作成ソフト

ePUB作成ソフトは下記にまとめてあります。

電子書籍の作り方 電子書籍作成のソフト一覧

Html、PDF、WordからePUBを生成するソフトたち まとめ

ePUBリーダーの一言感想

PCのePUBリーダーはフォント表示が微妙なので、制作以外であまり見る気がしません……。PCで閲覧する場合、PDFとePUBの電子書籍が両方あったら、個人的にはPDFで見ます。もうちょっとPC版のePUBリーダーは見栄えがいいといいのですが…。(^^;)

Parallels Desktopで容量を調整する3つの方法

macネタです^^

Parallels Desktopは容量がなくなると、警告がでます。さらに容量がなくなると、容量を確保するまで使えなくなります。Parallels Desktopをmac book airにのせていると、ssdが少ないためこの状態になりやすいかもしれません。。そこで、Parallels Desktopで容量を確保する3つの方法を紹介。それは

  • スナップショット削除
  • 圧縮(1番よく使う)
  • ハードウェアの割当

です。順番に見ていきます。^^

Parallels Desktopのスナップショット削除

スナップショットというバックアップのような機能があるのですが、
この機能は安易に使わない方がいいかもしれません。そもそも使わない方がよい、
ということですから使っていない人は読み飛ばしてください。

mac book airの場合、ただでさえSSDが足りないなることが多いのに、
この機能を使うと容量がなくなります。

しかも、SSDやHDDに十分な空き容量がないと、このスナップショットは、削除できません。さらに、スナップショットがあると、容量を確保するためのもう2つの方法「圧縮」も「ハードウェアの割当(MacとWinの割当比率)」も変更できません。かなり八方ふさがりになり、詰まることがあります。もし詰まってしまった場合、Parallels Desktop自体を外付けHDDにコピーし、外付けHDD内で仮想環境のファイルにある、スナップショットを削除するしかありません。もちろんpvmファイルのバックアップは取っておきます。手順としては下記のような感じです。^^

      Parallels Desktop を立ち上げる。(Windowsは立ち上げない)
      Parallelsメニュバーの 「ファイル」→「開く」 を選択し、外付けハードディスクの.pvm ファイルを選択する。(Windowsは立ち上げない)
      Parallelsメニュバーの 「仮想マシン」→「スナップショットの管理」を選択する。必要のないのスナップショットを削除する。

Parallels Desktopの圧縮

圧縮は「仮想マシン」→「圧縮」を選ぶだけです。

バージョンによっては「仮想マシン」→「構成」→「ハードウェア」のタブ→「ハードディスク1」→「圧縮」です。

下記はParallels Desktopのヘルプです。

■自動的にディスク領域を圧縮する
ほとんどの場合、Windows はファイルやデータが追加されるにしたがいディスク占有領域を拡大しますが、データを削除してもディスク占有領域は減少しません。定期的に自動でディスク占有領域を減らすように Parallels Desktop を設定します。

Parallels Desktopの容量割当変更

WinとMacの容量割当は、実際使い始めると当初の予定よりどちらか片方を多く利用する場合があります。というか、その方が多い( ̄∇ ̄;)。WinとMacの容量割当変更は、

仮想マシン > 構成 > ハードウェア > ハードディスク1 > 編集

です。

Parallels Desktopの関連記事

BootCampから仮想環境Parallels desktop 7(8)に移行 ライセンスまとめ

WordPressのレンタルサーバー比較おすすめ  個人的な考察ランキング

WordPressのレンタルサーバー比較めもです。
現在5つのレンタルサーバーを借りていますが(^^;、容量よりも転送量やMYSQL(WordPress1つに1つのMYSQLを使っている)の数を重視した方がいいような気がします。

WordPressのレンタルサーバーおすすめ エックスサーバー xserverの考察

エックスサーバー xserver

http://www.xserver.ne.jp/

容量:40GB → 50GB → 100GB(2012年) → 200GB(2013年)、MySQL30、サブドメイン無制限、月500G → 月1500G(1日50G/日)、1000円

エックスサーバーの容量と転送量が大幅に増えました。転送量は月ではなく日です。

1位はエックスサーバーです。
2012年頭はファイアバードとエックスサーバーを比較すると、大して差がなかったので、ファイアバードを1位にしていましたが、入れ替えました。2012~2013年にかけて容量はもちろん転送量が大幅に改善されました。今、一番おすすめですかね。

エックスサーバーはバックアップ機能とサーバー移転機能があります。共有サーバーは当たり外れがあると言われます。また、ファイアバードやミニバードと違い、電話サポートがあります。わりとすぐ繋がります。好みの問題かもしれませんが、次に紹介するファイアバードよりエックスサーバーの方がなんとなく管理画面が使いやすいような…。

バックアップが管理画面からボタンを押せば取れます。これは便利ですね。某ファーストサーバーのデータがプログラムバグで飛んで復旧不可能になりましたので、、、バックアップは大事にしたいところです。

IT関係の知り合いは多数いますが、何だかんだ、エックスサーバーにする人は多いですね。サーバー移転は後々面倒なので、はじめからエックスサーバーにするっていうのも手かもですね。僕も現在、エックスサーバーを利用しています。MYSQL30個と転送量が決め手です。

エックスサーバーについて詳しく知りたい方は、
xserver(エックスサーバー)の評判口コミ レンタルしました

エックスサーバー

WordPressのレンタルサーバー ミニバードとファイアバードの比較考察

ミニバードとファイアバードが次におすすめですね。( ̄∇ ̄)

お名前comよりも、スタードメインがcom、netの独自ドメインが安くなる可能性が高いうえに、スタードメインでドメインを取得した際に発生したポイントが、ミニバードとファイアバードの支払いにあてる技が使えるのがいいですね。最も大事な安定性も転送速度も良好。サポートは、掲示板とメールサポートです。返信ははやめです。現在、両方とも借りています。

参考:ミニバード・ファイアバードの評判・口コミ レンタルしました

● ファイアバード

http://www.firebird.jp/
容量 50GB→100GB、MySQL10、サブドメイン3,000個、オリジナルドメイン5つ、転送量300G/月、500円

● ミニバード

http://www.minibird.jp/
容量30GB、MySQL5、アカウント毎に1,000個、オリジナルドメイン3つ、転送量100G/月、250円

ミニバードは今でもレンタルサーバーをレンタルしていますが、トラブルありませんね。

ミニバードとファイアバードの比較ポイントは、MySQLの数ですかね。ミニバードは5つ。なので、Wordpressのサイトを5サイト以上運営する人なら、ファイヤバードですかね。あとは容量と価格でしょうか。お好みでいいかなと思います。

ファイアバード

ミニバード

WordPressのレンタルサーバー さくらインターネットの考察

さくらインターネット

http://www.sakura.ne.jp/
容量 10GB→30GB→100G(2013年)、MySQL1個 → 20個(2011年)、オリジナルドメイン3、500円~

3位はさくらインターネットです。
マニュアルが丁寧、電話サポートがあります。安定しています。
注意:さくらインターネットの最安プランは、PHP未対応(つまり、Wordpressが使えません。)

どのサーバーもマニュアルがあり別に問題ありませんが、なんとなくさくらインターネットのマニュアルが一番読みやすい感じがします。スペックはたいぶよくなりましたが、ちょっと物足りないかもしれませんね。

→2013年追記:Wordpressの記事を更新するとき、たまーに遅いかなと思うことも。独自ドメインを取得しないサイトを運営してしまったので、一応借りていますけど(^^;;あと、さくらはメールの送信制限がファイアバード、ミニバード、エックスサーバーよりゆるいので、コミュニティサイトなどの運営でメールを使う方は検討してもいいかもしれません。^^ メールを利用しない限り、今ならファイアバードにしますかね。

→2014年追記:2013年の途中でさくらは転送量を非公開(10GB/日だったらしい)から80GB/日(公式情報)まで緩和したようです。アクセスが多いサイトは、遅いが原因で引越した人もいたみたいですが、これはすごい改善ですね。今ならさくらでもいいかもしれませんね。ただ、Wordpressは若干使いづらいかも(使い始めたら問題ありません)。

さくらインターネット

下記は共通でOKです。

  • 安定度、転送速度
  • WordPressのクリックインストール
  • PHP(さくらの最安はNG)

一番大事な安定度、転送速度は、ミニバード、ファイアバード、エックスサーバー、さくらインターネットであれば、いずれでも大丈夫な気がしますね。

ちなみに、格安レンタルサーバーを比較した際の参考情報を覚書。一覧にしときます。

  • ExpressWebは意外といいんだけど、レンタルサーバー会社がオリジナルドメインを提供がないから。ミニバードを選択
  • わりと有名なロリポップはミニバードに転送速度が勝てないので、ミニバードかなっと。
  • ハッスルサーバーは2chなどでちょっと微妙な書き込みがあったので。(^^;
  • 99円レンタルサーバーはユーザーデータが飛んだみたいな記述をみてやめました(^^;

今のところ、250円サーバーでいいなと思うのは、ミニバードだけですかね。

あと、無理やり格安レンタルサーバーを選ぶ意味がなくなってきた気がします。
何故かと言うと…

広告で相殺できるから、レンタルサーバー代は実は無料かも

Worspressちょっと真面目に運営する方なら、適当にアドセンスとAmazonを入れれば、ほぼ月1000円以上いきます。だから、エックスサーバーを借りても、レンタルサーバー代って払っている気がしないのです。最近は、むしろ無料ブログを使う意味があまりわからないって感じです。。

はじめてレンタルサーバーを運営する人は、この視点は持っておくべきですかね。

あと、レンタルサーバー会社はこれでよく商売が成り立つな、と関心してしまいます。さすが( ̄∇ ̄)。

次なるステップは、X2(エックスツー)かクローバーかさくらVPSか

まあ、そのように考えてくると、一段階、ステップアップすることも考えてしまうわけです。アクセスが多いサイト、音声や動画を扱うサイト、ダウンロードファイルがあるサイトは検討してみてもいいかもしれませんね。別件で上位のレンタルサーバーを検討してしていることもあり、覚書として残しておきます。

ただ、一度もレンタルサーバーを借りたことがない方は、いきなり申し込まない方がいいですね。

● X2(エックスツー)

http://www.xtwo.ne.jp/
容量100GB、MySQL無制限、サブドメイン無制限、1890円

エックスサーバーの上位版です。
X2(エックスツー)スタンダード。何でも無制限がいいのなら、X2(エックスツー)がいいです。ファイアバード、エックスサーバー、さくらインターネットでちょっと足りないなと思ったら検討しましょう。独自の高速化技術が最も気になるところですね。Wordpressのクリックインストールに対応しています。

● クローバー

http://www.clouver.jp/
容量150GB、MySQL50個、サブドメイン無制限、オリジナルドメイン5個、1575円

ミニバード・ファイアバードの上位版です。こちらもWordpressのクリックインストールに対応しています。

● さくらVPS

http://vps.sakura.ad.jp/
容量100GB、980円~

さくらインターネットのVPSサーバーです。

VPSサーバーなので、Wordpressを使うために、Apache、PHP、MySQLを導入するところからはじめなければなりません。ちょっとややこしくなってきましたね(^^;簡単に使いたいのなら、エックスツーがいいと思います。容量を取るのならクローバーでも。

* この記事は、2012年に執筆されて2013年、2014年、2016年に修正されていますが、機能一覧は変更される場合もありますので、最終的にサイト内で確認してくださいね。。

移行アシスタントのワナ(ユーザーアカウントの注意事項)と移行まとめ(Mac Book Air 2013 thunderbolt)

2台目のmacbook airをしたので、覚書です。面倒なので移行アシスタント系はこの記事に全部まとめておきます。

移行アシスタントのユーザーアカウントは上書きではなく、新規追加

移行アシスタントは、macの初回起動したときに、初期設定の中で行った方がよいですね。時間もかかるし、後から移行アシスタントを使えばいいじゃんと、軽いノリで初期設定を終わらせました。

その時点で作成したアカウントが1つ目になります。そして、移行アシスタントを使うと、上書きではなく追加で作ってしまうようです。
これがちょっとしたワナです。

ちょっと面倒なことなります。2つアカウントができて困っている方がぐぐるとわりといましたね。僕もそのひとり( ̄∇ ̄;)

しかも、ありがちなオチですが、初期設定時のユーザーアカウントと同じアカウントはもう作れません。

つまり、自分がこのアカウントがいい、最初に名前をつけたのに、それがデータ移行の際に、もう使えないという事態に陥るわけですね。

データを移行する前に気付けたら、対応方法として次のとおり。

  1. 管理者権限を持つ「ダミーアカウント」を作成
  2. 本来、自分がつけたい名前だった「初期アカウント」消す
  3. 移行アシスタントで本来、自分が作りたかった「移行用のアカウント」を作成
  4. 移行アシスタントを実行
  5. 「ダミーアカウント」を削除

という回りくどい段取りでいけました。(^^;ダミーアカウントを作る理由は、アカウントが1つないと消せないからですね。

サンダーボルトで移行アシスタントを使う手順

古いPCを「T+電源」を押して立ち上げると、ターゲットディスクモードになります。成功すると、サンダーボルトのマークがディスプレイに表示。この意味は古いPCが外付けディスクの扱いと同じような状態になっているみたいなものです。

その状態でサンダーボルトのケーブルを繋ぐと、新しいMacbook airに古いMacbook airのディスクが表示されます。サンダーボルトモードが認識されている状態。

認識されているか否かは、
アップルマーク > このMACについて > 詳しい情報 > システムレポート > thunderbolt
でも確認できます。

あとは移行アシスタントを使うだけです。サンダーボルトのケーブルを使うとあっという間に終わります。時間節約と今後もなにかで使いそうなので、入手しました。ケーブルの長さによって価格が違うみたいです。ケーブルは現在、純正と非純正の2種類あります。

これを使うと約120Gが20分ぐらいで終了。なお移行アシスタント中に表示されている残り時間はあまりあてにはなりません。

移行アシスタントは、アプリケーションのユーティリティの中にあります。移行アシスタントを立ち上げて行こうするわけですが、外付けディスクと認識しているので、「別のMac」からではなく、「別のディスクから」を選びます。それ以外で迷うところはないでしょう。部分的にも移行できるようですが、何回もやるのは面倒なので、一括でやりました。

Macのユーザーアカウントの削除 覚書

最後に余計なアカウントを削除します。システム環境設定 > ユーザーとグループ に入ります。

通常グレーアウトされていますので、「変更するには鍵をクリックします」をクリックののち、

アカウントの選択 > – で削除

確認メニューで

  • ホームフォルダをディスクイメージに保存
  • ホームフォルダを変更しない
  • ホームフォルダを削除

がでてくるので、

「ホームフォルダを削除」を選択

移行アシスタントで移行できたもの、できないもの

データ、ブックマークやメールなどは全部OKです。ゴミファイルも移行されてしまいますけど。。予め整理しておくとよいでしょう。

仮想環境はboot campは無理みたいですが、ソフトウェア型のParallel Desktopsは、問題なく移行できていました。移行後にライセンス認証をすれば、OKです。他にいくつかライセンス認証やパスワードを再入力や再設定しなおしました、たとえば、au wifiはなぜか1回消して再設定。でも、かなり少なかったです。

変更しているMACのキー割り当てはデフォルトに戻っていました。

それ以外はすべて移行できていて楽ちんですごいなと思いました。

Mac Book AirやProのカスタマイズは量販店できず…SSD・メモリなどまとめて覚書

Mac Bookのカスタマイズは、量販店ではできない

覚書です。2台目のMac Book Airに乗換。Mac Bookは量販店でカスタマイズできません。ソフマップやヨドバシカメラなどの店頭で、「カスタマイズはできない」、そこはアップルが牛耳っているって言われました。( ̄∇ ̄;)

mac book airのSSD、メモリ、ケーブル

秋葉館オンラインショップなどでSSDを入手して換装したり、ヤフオクからカスタマイズモデルを入手することも一瞬、考えましたが、結局、アップルストアからMac Book Airの2013年度版を購入することにしました。

旧Mac Book Airの容量がなく問題になっていた関係でSSDは512gbに。ノーマル型が512gbだったら店舗で購入したのですが…、そこは期待のスペックにならず…。

メモリも8gbに。Photoshopなどである程度重たいファイルを扱うために、そのぐらい積んでおこうかなっと。この選択をするにあたり、

Adobe Photoshop CS5 パフォーマンスと効率性の測定

など、いくつかの資料を軽くを参考にさせてもらいました、

ちなみに、Mac book airのサポートはわりといいですね。90日みたい。

付属品は移行アシスタントをあっという間に終わらせるために、Thunderboltのケーブルを入手したぐらいでしょうか。ケーブルの長さにより価格が結構かわるようです。アップル純正と純正じゃないのがでています。

mac book airのバッテリーを長持ちさせる方法

せっかく新しいmac book airを購入したので、バッテリーを長持ちさせるため、改めて充電を長持ちさせる方法を見直してみました。

アップル – バッテリー – Appleのノートブックコンピュータ

長持ちのコツを要約すると

  • 動作時の温度は10℃~35℃
  • いつも自宅で使う人は、毎月最低1回はバッテリーを充放電
  • フル充電で電源コンセントに常時接続しておくことを推奨せず

お外で仕事をするノマドの人は、外で減らし、家で充電でちょうどよいみたいですね。個人的には最後のひとつだけしかひっかかりそうにないので、最後のだけ気にしてあげればよいみたいです。

WordPressのプラグインを利用し、安全にデータベースのごみを削除する方法 まとめ

Wordpressをしばらく運営すると気になるのが、データベースにたまるごみファイルの存在。( ̄∇ ̄;)

phpmyadminから削除するのは、初心者のうちは、ちょっとドキドキしますので、Wordpressのデータベースを整理するプラグインまとめです。

古いプラグインもありますが、問題なく動いているようです。

ちなみに、バックアップはWP-DBManagerがいいと思います。

プラグインの不要データ削除にClean Options

通常、Wordpressはプラグインを削除すると、データベースの関連ファイルが消えますが、消えないものもあります。作りが悪いって奴ですね。それはごみファイルとなります。プラグインのデータはデータベースのwp_optionsに格納されています。このwp_optionsのデータを削除するのが、Clean Optionsです。

WordPress › Clean Options « WordPress Plugins

Clean Optionsの使い方は、Don’t show the Known WordPress Core options for this Findにチェックを入れたままにします。大事なファイルは表示しないよ、ってことです。

そして、Find Orphaned Optionsをクリック。リストが表示されますので、消したいものだけ選択して消去すればいいだけです。

データの名前から何のプラグインかはだいたい判断できます。判断できないものもありますが(^^;自己責任でお願いしますが、今のところ、このプラグインから消して問題になったことはありません。。

リビジョンやコメント削除にWP-Cleanup

WordPress › WP-Cleanup « WordPress Plugins

グラフが印象的なプラグインです。

できることは、ポストリビジョンの削除、スパムコメントの削除、未承認のコメント削除、未使用のタグ削除、未使用のポストメタ削除、未使用のMySQLデータ削除。

使い方は簡単で、WP-Cleanupの中で必要なものをチェックを入れて削除するだけです。

特にリビジョンのデータは大きくになっている可能性があります。何度も修正する人は特に…(^^;

Delete-Revisionなどのリビジョンを消すプラグインもあるようですが、こちらの方がいろいろといっぺんに削除できるので、たくさんプラグインを入れて細々削除するより楽かも。

データベース カスタムフィールドの削除にDelete Custom Fields

カスタムフィールドを削除するプラグイン
WordPress › Delete Custom Fields « WordPress Plugins

こちらも使い方は簡単でDelete Custom Fieldsを選び、消したいカスタムフィールドを削除するだけです。

ちなみに、DBから探す場合は、_postmetaです。

こちらの作業をすると、データベースを軽量化できます。^^

あわせて読みたいWordpressの記事

WordPressの滞在時間をあげる導線プラグインと集客プラグイン集

xserver(エックスサーバー)の評判口コミ レンタルしました

http://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーは2012年〜2013年にかけて、スペックがよくなり、現在レンタルしています。

  • xserverの容量
  • xserverの転送量
  • xserverのMySQLの数
  • xserverのバックアップ
  • xserverのサポート
  • xserverのお得技

の順番で解説していきます。

xserverの容量

容量は100GB

xserverの転送量

個人的に結構気にする転送量は1番したのx10でも、50G/日になっており、一応月になおすと約1500G/月になりました。

今までエックスサーバーの比較対象にしていた、ネットオウルのファイアバードの転送料が200G/月なので、結構差がついたかもしれません。2012年頭は、ファイアバードでいいんじゃないかという気がしていましたが、2013年はエックスサーバーの方がいいと思い、現在、僕もエックスサーバーを借りています。さらに、エックスサーバー株式会社がミニバードやファイアバードのネットオウル株式会社を関連会社しました。

転送料の制限はエックスサーバーに下記のように明記されていましたが、よほど大きなサイトじゃないと、この心配はないですね。

目安数値を恒常的に上回る場合は、ご利用プランの変更をお願いする場合があります。また、目安数値を大きく上回る転送量が発生する場合には、速度制限などの制限を実施する場合があります。

xserverのMySQLの数

MySQLは30個です。
Wordpress1つに、MySQL1つ使っています。

xserverのバックアップ

他のレンタルサーバーにないものとして、エックスサーバーのバックアップ機能も気にいっています。FTPで落としてバックアップするより、早いのではないかと。

転送量とMySQL、バックアップ機能あたりが決め手になりました。

WordPressやMTはもちろん、PukiWikiも自動インストールできますよ。

xserverのサポート

電話サポートや24時間(土日も)メールサポートがあります。1回だけしかメールサポートは利用したことないのですが、2時間で返事返ってきましたよ。質問内容やそのときの状況により違うと思いますが、参考までに。

xserverのお得技

それはドメインプレゼントキャンペーンをやっている期間中にx10のサーバーを借りると、ドメインがついてきます。.comのドメインなんか安価なドメイン会社で借りても、1000円近くするわけです。SEO的にはcomがいいらしいです。つまり、ドメイン代がただと考えるか、1ヵ月ぶんエックスサーバーの利用料金が無料になったかと考えるはさておき、大変お得だということです。初年度だけではなく、更新料金もエックスサーバーを借りていれば、無料というところがすごいですね。もちろん、僕もこの技は使っていますね^^

お試しは10日です。

エックスサーバー

レンタルサーバーは現在3社借りていますが、エックスサーバーが1番快適でしょう。現在、借りている3社はこちらの中から借りています。

WordPressのレンタルサーバー比較

WordPressのウィジェットを記事の上下に追加し、カテゴリごとに乱数表示・非表示の制御をする

タイトルが長ったらしくなってしまいましたが、今回実現しようと思ったのは次のとおりです。

「Wordpressのウィジェットを記事の上下に自由に追加できようにし、カテゴリごとに表示・非表示ができるようカスタマイズする。かつ、ウィジェットを表示する場合、その中身を乱数表示にして、毎回、ちょっぴり新鮮なサイトを演出する」

こちらを実現できると、あるときはFacebook、あるときはRSSの登録を促す、という風にいろいろとバリエーションが作成できるということですね。まだ、このサイトでは利用していませんが、そのうち利用するかもしれません。

WordPressのウィジェットを記事の上下に追加

まず、function.phpに新しいウェジェットを登録します。pタグはリストタグにしてもかまいません。タグはお好みで。

if ( function_exists('register_sidebar') )
register_sidebars(1,
    array(
    'name'=>'ウィジェット1',
    'id' => 'widget1',
    'before_widget' => '<p>',
    'after_widget' => '</p>',
    'before_title' => '<h2>',
    'after_title' => '</h2>',
    ));
register_sidebars(1,
    array(
    'name'=>'ウィジェット2',
    'id' => 'widget2',
    'before_widget' => '<p>',
    'after_widget' => '</p>',
    'before_title' => '<h2>',
    'after_title' => '</h2>',
    ));
register_sidebars(1,
    array(
    'name'=>'ウィジェット3',
    'id' => 'widget3',
    'before_widget' => '<p>',
    'after_widget' => '</p>',
    'before_title' => '<h2>',
    'after_title' => '</h2>',
));

追加すると、「 外観 > ウィジェット 」で確認すると、新しいウィジェットが増えています。

次に、single.phpの記事が挟みたい箇所に、

<?php dynamic_sidebar( 'widget1' ); ?>

で、idを指定して呼び出します。先ほど登録した際に何気なく書かれているidと紐づいているわけです。

もちろん、記事の下にウィジェットを2箇所追加もできますし使い方次第です。

カテゴリごとに乱数表示・非表示

カテゴリごとに、表示・非表示ができること。
表示する場合、乱数制御をすること。

といっても、全部プラグインでできちゃいましたね。こちらの2つを使います。^^

  • Display Widgets(カテゴリごとにオンオフ)
  • Random / Rotating Ads V2(ランダム)

以前に書いた記事と説明がかぶりますので、こちらの記事の後半を参照してください。

WordPressでカテゴリごとにサイドバーを変更する2つの方法 +ランダム機能 | eBook Brain

以上です。

あわせて読みたいWordpressの記事

WordPressのテンプレートthemeforestを購入する前のチェック事項 | eBook Brain

おすすめのキンドル書籍 IT関連の読み物・技術書のラインナップ

キンドル市場でIT関連の読み物や技術書が、どのぐらい充実しているかをちょっと調べたので、まとめておきます。

アップルファンなら。人気があるみたいですね。

ブロガーの本なら、これですかね。

今、伸び盛りのスマートフォンの本です。

Wordpressはこのぐらいしかよさそうなのがなさそうですね。

アメブロもこのぐらいしかなさそう。

津田大介さんの本

何故かIT関連の書籍は1番移行が進みそうなのに出版されていない書籍が多いかもしれません。プログラム関連なんかほとんど洋書ばっかりでてきますね。それに対し、キンドルの漫画本はかなり充実してきたと思います。^^

あわせて読みたいキンドルの記事

キンドル漫画のおすすめ まとめ それと購入の注意事項 | eBook Brain

WordPressでカテゴリごとにサイドバーを変更する2つの方法 +ランダム機能

カテゴリごとにサイドバーを変更する2つの方法

Wordpressでカテゴリごとにサイドバーを変更する2つの方法です。1つのサイトでいろいろな記事を書いている人は、広告の呼び分けにも便利かもしれません。覚書です。

1つ目の方法はSidebar.phpをいくつか作って、if文で呼び分けるだけです。
詳しくこちらに書いてありましたので、割愛。助かりますね。^^
カテゴリーごとにサイドバーを変更:WordPress | KH-WEBLOG

2つ目の方法はプラグインを使うだけです。Custom WidgetsやWidget Logicなど、ウィジェット系のプラグインはいくつかあるのですが、Display Widgetsが1番容易で使いやすかったです。

WordPress › Display Widgets « WordPress Plugins

ウィジェットの項目から、各々の項目を表示にするか非表示にするかを選べます。表示するもののみチェックもできるし、非表示するもののみチェックもできるので、使い勝手もよいかなと思います。

リピーター用にランダムプラグインを導入

それに加え、RSSなどからくる読者やリピーターが多い場合、同じサイドバーではなつまらないので、時々サイドバーが変わるのも面白いのではないでしょうか。

ランダムで呼びわけるプラグインRandom / Rotating Ads V2です。更新日が若干古いですが、問題なく動作しています。
WordPress › Random / Rotating Ads V2 « WordPress Plugins

サイドバーだけではなく記事の上下にも挟めます。アドセンスみたいに元々ランダムじゃないものなら、何でも導入を検討する余地があるのではないでしょうか。もちろん、広告以外の用途にも使えます。

使い方のビデオはこちらにあります。ウィジェットはもちろんPHPのコードを挟むこともできます。
Random Ads Plugin • Datafeedr

このあたりをやると、結構、導線のデザインがよくなりそうですね。( ̄∇ ̄)

あわせて読みたいWordpressの記事

WordPressの滞在時間をあげる導線プラグインと集客プラグイン集 | eBook Brain