Wordpressをしばらく運営すると気になるのが、データベースにたまるごみファイルの存在。( ̄∇ ̄;)

phpmyadminから削除するのは、初心者のうちは、ちょっとドキドキしますので、Wordpressのデータベースを整理するプラグインまとめです。

古いプラグインもありますが、問題なく動いているようです。

ちなみに、バックアップはWP-DBManagerがいいと思います。

プラグインの不要データ削除にClean Options

通常、Wordpressはプラグインを削除すると、データベースの関連ファイルが消えますが、消えないものもあります。作りが悪いって奴ですね。それはごみファイルとなります。プラグインのデータはデータベースのwp_optionsに格納されています。このwp_optionsのデータを削除するのが、Clean Optionsです。

WordPress › Clean Options « WordPress Plugins

Clean Optionsの使い方は、Don’t show the Known WordPress Core options for this Findにチェックを入れたままにします。大事なファイルは表示しないよ、ってことです。

そして、Find Orphaned Optionsをクリック。リストが表示されますので、消したいものだけ選択して消去すればいいだけです。

データの名前から何のプラグインかはだいたい判断できます。判断できないものもありますが(^^;自己責任でお願いしますが、今のところ、このプラグインから消して問題になったことはありません。。

リビジョンやコメント削除にWP-Cleanup

WordPress › WP-Cleanup « WordPress Plugins

グラフが印象的なプラグインです。

できることは、ポストリビジョンの削除、スパムコメントの削除、未承認のコメント削除、未使用のタグ削除、未使用のポストメタ削除、未使用のMySQLデータ削除。

使い方は簡単で、WP-Cleanupの中で必要なものをチェックを入れて削除するだけです。

特にリビジョンのデータは大きくになっている可能性があります。何度も修正する人は特に…(^^;

Delete-Revisionなどのリビジョンを消すプラグインもあるようですが、こちらの方がいろいろといっぺんに削除できるので、たくさんプラグインを入れて細々削除するより楽かも。

データベース カスタムフィールドの削除にDelete Custom Fields

カスタムフィールドを削除するプラグイン
WordPress › Delete Custom Fields « WordPress Plugins

こちらも使い方は簡単でDelete Custom Fieldsを選び、消したいカスタムフィールドを削除するだけです。

ちなみに、DBから探す場合は、_postmetaです。

こちらの作業をすると、データベースを軽量化できます。^^

あわせて読みたいWordpressの記事

WordPressの滞在時間をあげる導線プラグインと集客プラグイン集


電子書籍の比較おすすめで安いのは!?


電子書籍出版などの関連記事