http://www.xserver.ne.jp/

エックスサーバーは2012年〜2013年にかけて、スペックがよくなり、現在レンタルしています。

  • xserverの容量
  • xserverの転送量
  • xserverのMySQLの数
  • xserverのバックアップ
  • xserverのサポート
  • xserverのお得技

の順番で解説していきます。

xserverの容量

容量は100GB

xserverの転送量

個人的に結構気にする転送量は1番したのx10でも、50G/日になっており、一応月になおすと約1500G/月になりました。

今までエックスサーバーの比較対象にしていた、ネットオウルのファイアバードの転送料が200G/月なので、結構差がついたかもしれません。2012年頭は、ファイアバードでいいんじゃないかという気がしていましたが、2013年はエックスサーバーの方がいいと思い、現在、僕もエックスサーバーを借りています。さらに、エックスサーバー株式会社がミニバードやファイアバードのネットオウル株式会社を関連会社しました。

転送料の制限はエックスサーバーに下記のように明記されていましたが、よほど大きなサイトじゃないと、この心配はないですね。

目安数値を恒常的に上回る場合は、ご利用プランの変更をお願いする場合があります。また、目安数値を大きく上回る転送量が発生する場合には、速度制限などの制限を実施する場合があります。

xserverのMySQLの数

MySQLは30個です。
Wordpress1つに、MySQL1つ使っています。

xserverのバックアップ

他のレンタルサーバーにないものとして、エックスサーバーのバックアップ機能も気にいっています。FTPで落としてバックアップするより、早いのではないかと。

転送量とMySQL、バックアップ機能あたりが決め手になりました。

WordPressやMTはもちろん、PukiWikiも自動インストールできますよ。

xserverのサポート

電話サポートや24時間(土日も)メールサポートがあります。1回だけしかメールサポートは利用したことないのですが、2時間で返事返ってきましたよ。質問内容やそのときの状況により違うと思いますが、参考までに。

xserverのお得技

それはドメインプレゼントキャンペーンをやっている期間中にx10のサーバーを借りると、ドメインがついてきます。.comのドメインなんか安価なドメイン会社で借りても、1000円近くするわけです。SEO的にはcomがいいらしいです。つまり、ドメイン代がただと考えるか、1ヵ月ぶんエックスサーバーの利用料金が無料になったかと考えるはさておき、大変お得だということです。初年度だけではなく、更新料金もエックスサーバーを借りていれば、無料というところがすごいですね。もちろん、僕もこの技は使っていますね^^

お試しは10日です。

エックスサーバー

レンタルサーバーは現在3社借りていますが、エックスサーバーが1番快適でしょう。現在、借りている3社はこちらの中から借りています。

WordPressのレンタルサーバー比較


電子書籍の比較おすすめで安いのは!?


電子書籍出版などの関連記事