追記:2012.10.27 日本版のkindle paperwhiteレビュー 比較まとめはこちらに追加しました。

kindle paperwhiteレビュー 比較まとめ 気になる点は片っ端から調べてみました

—–

アップル iPad と アマゾン Kindle のまとめ記事

iPad 2 の長所と短所まとめ
ipad2とkindle3を電子書籍リーダーとして比較

アップル iPad vs アマゾン Kindle 比較リスト注)スペックはiPadです。

iPad2の覚書

すぐに詳しくまとめてくれてるサイトがいくつかありましたので、個人メモとして簡単に残していきます。^^

  • 薄型は高速化は、当然、進化するところ。
  • カメラは意味なし。カメラがばかでかくなっても、使いにくいだけだし( ̄∇ ̄;)。iPhoneで十分。
  • スクリーンサイズが変わると、便利になるのは電子書籍とアプリですかね。
    スマートフォンの画面は、やや小さく感じることもあるかもしれませんし。
  • iPadが目が疲れるというのは、個人的にはあまり気にならないと思いますね。普段からかなりの時間PCを使っていますので^^; 移動中も利用することもありますし。
  • iPad2はWi-Fi版を購入する方が多いみたいですね。ネット端末は複数あってもいいけど、iPhoneとiPadのダブルで料金がかかるのはきついので、これは当然のような気がします。

電子書籍リーダー・デバイスとして、KindleとiPadを単純化して比較

電子書籍リーダーとしては、どちらもそれなりに魅力的だと思います。ただし、下記の3点は留意事項。

  • キンドルは白黒
  • サイズはKindleよりiPad2の方がでかいので、持ち運びが多い人は若干難あり
  • ePUBは、今のところiPadのみ

次にデバイスとして

  • Kindle3の目玉はネット。Free 3G + Wi-Fiなので
  • iPadの目玉はアプリ。大きな画面でゲームや実用アプリを使用できる

ネットを取るのなら、キンドル、アプリを取るのなら、iPadでしょうか。個人的にはあまり利用機会はありませんが、iPadは動画やプレゼンにも便利かもしれません。

おまけ 意外と気になる電子書籍(kindleとePUB)の音声読み上げ機能

電子書籍リーダーには音声読み上げ機能があります。Kindleの音声読み上げ機能は実用的らしいです。iPADやiPhoneにも、VoiceOverという読み上げ機能があるのですが、これはテストしましたが、どうも実用的ではありません。一応、ePUBフォーマットをロボットみたいな音声で読み上げてくれて電子書籍時代を感じるのですが、使いにくい…です^^;。理想を言えば、ePUBフォーマットをMP3を聞いているように読み上げてくれるとよいのですが、まだ時代はそこまで進んでいないようです。それができれば、かなりePUBは素晴らしいとなるはずなのですが、今しばらく辛抱ですかねー。Kindleは洋書ばっかりなので、英語学習者は、この音声読み上げって結構使えそうですね。個人的にも英語学習者ですが、アプリもよく使います。電子書籍×アプリを取り、やっぱ先にiPadですかね。

デバイスを買う時に、できる限り多容量(コストパフォーパンスは留意)にするのですが、電子書籍リーダーの場合、用途が電子書籍だけであれば、容量はそんなにいらないかもしれません。Amazonのレビューも参考になりました。


電子書籍の比較おすすめで安いのは!?


電子書籍出版などの関連記事