kindle paperwhiteのレビュー

この記事は2012年11月19日に加筆されています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B007OZO03M/ref=famstripe_kk3g
黒船キンドルがきました。まず、リーダーはkindle paperwhiteからですね。幸いスペックの比較表は、Amazonが用意してくれました。^^
画面左の比較する、のボタンを押すと、比較表に飛びます。

Amazon kindle paperwhiteは11月19日から販売なのに、Kindle Paperwhiteの出荷時期がどんどんずれこんでいる。出荷時期が12月に…(^^;

早速、調べたことをレビューというか、せっかくなので、まとめておきます。どちらかというと長い記事を書く癖があるので、あまり長くなりすぎないようにまとめていきます。徐々にマニアックになっていくかも。(^^;

フォーマット
Kindle Format 8 (AZW3)、Kindle (AZW)、TXT、 PDF、 MOBI、HTML、DOC、DOCX、JPEG、 GIF、PNG、BMP

200Gちょいは軽いですね^^。iPhoneの約2倍。軽めのノートPCの約5分の1ですね。

kindle paperwhite は、スマートフォンやiPadはもちろん、Kindle Fireと比較しても、バッテリーの持ちが違いますね。8週間は他と比較にならないほど、すごい。

ディスプレイはe-inkです。まあ、紙の同じような感覚で見れるから、目が疲れにくいのがメリットです。ちなみに、e-inkのディスプレイは、消費電力が小さくなり、長時間のバッテリーを実現できるわけみたいですね。Kindle fireは違いますので、ご注意を

ちなみに、米国版キンドルと日本語版キンドルの違いは、日本語フォントを内蔵しているだけだそうです。

● kindle paperwhiteの3Gモデルで、ぐぐることはできるのか
いわゆるネットサーフィンできるかどうかです。海外の最近の記事を発見。一応、できるっぽいが、裏テクですかね(^^;。
3G Web Browsing on the Kindle Paperwhite – Massively Parallel Procrastination
公式にはKindleストアとWikipediaみたいです。海外版はできるようですし、日本語版もできるという情報をみかけました。まあ、基本仕様一緒ですからね。一応販売日に手にはいる予定なので、手元に到着次第テストですね。スマホの電源が切れたとき、ぐぐれると便利そうですよね。僕のまわりは3Gの購入者が多いです。

追記
Kindle Paperwhite wifi と 3g でネットサーフィンをする2つの方法

● 音声読み上げ機能
これはkindle paperwhiteの最大の弱点かもしれません。英語学習者には痛いです。Text to Speech、要は音声読み上げ機能をサポートしていません。。(^^;関係ない人はいいですけど。英英辞典は入っているみたいです。

● Amazon.comとの互換性・洋書問題
洋書の問題をチェックしておかばければ、と早速チェックしました。
Kindle本の日本発売で米国アカウントユーザーが注意すべきこと – ITmedia ニュース

日本のKindleストアでも洋書は購入できるが、米国と日本のKindleストアは独立したものなので、米国のKindle Storeにある洋書がかならずしも日本でも購入できるとは限らず、価格も同じではない(数冊確認した範囲では為替換算したところほぼ同程度の価格だったが)。

アカウントを統合すると、片方しか買い物できないみたいなので、ComとJpのアカウントは別々の管理になりそうです。

あと…洋書が値上げになりました。これはクレカに紐づいているのか、他の海外の電子書籍ストアでePUBの電子書籍を購入して、自動変換でkindleに突っ込むという裏テクが使えないか、軽く調査予定です( ̄∇ ̄;;)

追記:ちょっと調査しました。
誰もが考えそうな手はこちらの記事でまとめてくれていました。
Kindleよりも安いKoboの洋書が意外に多い件 @ ArtSaltのサイドストーリー
楽天Koboから洋書を購入。nookは日本から電子書籍が買えないようです。まさかの楽天の登場にびっくりです( ̄∇ ̄;)。もちろん、電子書籍リーダーを2台も持ち歩きたくないので、koboは通過点で、何とかiPhoneに持っていって、Text to Speechが使え、ePUBが読めるiPhoneアプリがあるみたいなので、洋書はそれで割り切り、日本語の書籍を楽しむためにkindle paperwhiteを入手するしかないかもしれませんね。

● 価格表示の比較
海外版と同様、Kindleストアと通常の書籍はすぐに価格を比較できて便利です。
Kindleストアの方が、何割か安いみたいです。半額まではいきません。ただ、出版社により、Kindleストアで販売されていません(想像はしていたことですが)。。これだけ時間があっても、なかなか難しいんですかね(^^;

時間が無駄だから、やりませんけど、この価格だと、通常の書籍を自炊してヤフオクで売った方が安上がりとか考える人も一部いるかもしれませんね(^^;。ただ、時間がもったないのと、本をばらすのが好きじゃないので、やっぱ個人的にはKindleストアがいいかなと思いますね。自炊は減っていくでしょう^^。

● Androidアプリを利用するか否か
kindle paperwhiteはAndroidアプリを利用できません。アプリを利用したい場合、osがandroidのKindle fireにする必要があります。これからAmazon.co.jpからAndroidアプリが購入できるようになるはずです。ただし、回避策として、androidアプリはwindowsPCでBlueStacksなどのフリーソフトを利用するか、macでもParallels desktopでwindowsの仮想環境を作れば、同じ方法でAndroidアプリを動かせるでしょう^^。

Kindle Paperwhite

充電のアダプタは必要ですかね。

http://www.youtube.com/watch?v=cpgHMuUB8nU&list=PLzscuKSqJrKVA0vEgVI9nxaLg2F0x7i0h&index=2&feature=plcp

おまけで、kindle paperwhite CM ^^

Kindle ダイレクト・パブリッシング始動

ダイレクト出版
同時にダイレクト出版もはじまりました。作家の時代ですね。個人出版の時代です。^^
https://kdp.amazon.co.jp/self-publishing/signin

Kindle ダイレクト・パブリッシング: Amazon Kindleストアで出版
最初の感想、サーバー重たい(^^;(一時だけかも)。Amazonでこんな経験したのは、はじめてです。

それだけ待ち望まれていたのかもしれませんね。^^


電子書籍の比較おすすめで安いのは!?


電子書籍出版などの関連記事