編者の小内さんが20年の歳月をかけて作ったんだって。このような職人技には感心しちゃいますよ。三省堂からでています。一般の書籍・雑誌がデータベースとなっているらしいです。その方が嬉しいです(^^)

ある単語と助詞「てにをは」を挟み、後に続く語彙の組み合わせがわかります。ボキャブラリーが少ない小説家や作家などに便利です。(^^)表現力の幅があがりますよ。また、逆に表現に迷った場合にも利用できます。出版社のサイトにより具体的な説明がありました。
「てにをは辞典」の特徴1
「てにをは辞典」の特徴2

 


電子書籍の比較おすすめで安いのは!?


電子書籍出版などの関連記事